japaneseenglish
login contact

日本MRSについて

沿革

一般社団法人 日本MRS 設立の経緯と活動状況

独創的研究開発の重要性はますます高まっており、技術革新と新材料創成とが相互に因となり果となって進展していることはご高承のとおりであります。また、現在人類が直面している環境問題等複雑に絡み合った多様で困難な問題を解決し、持続可能な経済社会と生活を得るためにも、新材料・新素材の発展が強く求められています。

このような新しい材料の研究開発のあたっては、従来の金属・有機・無機材料、あるいは構造・機能材料といった材質ないし用途別の、また化学工業・鉄工業・機械工業・食品工業・医療・運搬・通信といった業種・職種別の縦割的既成概念を超えて、横断的、学際的にあらゆる分野の専門家が連携協力することが有効、かつ不可欠であると考えます。

日本MRS(The Materials Research Society of Japan)は、1988年5月池袋サンシャインシティで開催されたMRS International Conference on Advanced Materialsを契機として、上記観点に立ち、材料に関する横断的、学際的学術研究団体として1989年3月に発足いたしました。(当初名称、先進材料科学・技術研究Advanced Materials Science and Engineering Society 1990年、日本MRSに改称)以来、関連諸機関と連携協力しつつ、IUMRS-ICAM93(’93.8, 池袋)、IUMRS-ICA97(’97.9, 幕張)、10周年記念学術シンポジウム(’99.7,東京)、IUMRS-ICAM2003 (’03.10, 横浜)等、約50回のシンポジウム、講演会を開催し、本年12月にはIUMRS-ICA08を名古屋で開催します。また、「日本MRSニュース」及び「Transactions of the Materials Research Society of Japan」を定期的に刊行致して参りました。このようにIUMRS((International Union of Materials Research Societies)の創設メンバーとして国際的に活躍していることも、当研究会の特色です。

日本MRSは細分化され専門化されすぎた科学・技術を再統合し、学術理論から産業面・社会生活面での応用に至る、また、素材開発・加工技術・応用技術の各分野に亘る材料に関する専門家から、広く市民や政策担当者に対して、物質・材料を巡るあらゆる問題を議論する場を提供し、研究成果・データ等を共有財産としつつ材料科学・技術と発展に寄与したいと考えております。学際的あるいは横断的分野の材料についての全ての問題をタイムリーに取り上げ討議する場として、この日本MRSを位置付けたいと思います。多方面から多数の方々の積極的なご参加と、ご支援をお願い申し上げます。

参考:
IUMRS(International Union of Materials Research Society)は、学術的材料研究の振興を共通の関心とする学術団体から構成される国際機関です。
詳細はインターネットのthe IUMRS Homepage(http://www.iumrs.org)をご覧ください。
加盟機関(2008年4月現在、13機関):
MRS of Argentina (MRS-A), MRS of Australia (A-MRS), Brazil MRS (B-MRS),
Chinese MRS (C-MRS), European MRS (E-MRS), MRS, MRS of India (MRS-I),
MRS of Japan (MRS-J), MRS of Korea (MRS-K), MRS of Mexico (MRS-M),
MRS of Russia (MRS-R), MRS of Singapore (MRS-S),MRS of Taiwan (MRS-T)
1985年3月
Prof.R.P.H.Chang が来日し、先進材料国際シンポジウムの日本での開催、MRS-Japan、MRS-Asia設立につき提案
1988年5 ~ 6月
MRS Inatenrational Meeting on Advanced Materials開催(於 池袋サンシャインシティ)
1988年10月 ~
先進材料に関する「横断的」研究会の設立をはかり趣旨説明、参加・ 協力よびかけ
1989年3月
先進材料科学・技術研究会(AMSES = Advanced Materials Science an Engineering Society)
設立記念シンポジウム開催(於 新宿京王プラザホテル)
1989年11月
IMRC(International Materials Research Committee)に参加
1990年10月
日本MRS(MRS-J = Materials Research Society of Japan)に改称
1990年11月
IMRCを改組したIUMRS(International Union of Materials Research Societies)にFounding Memberとして参加
1993年8 ~ 9月
IUMRS - ICAM - 93 開催(於 池袋サンシャインシティ)
1999年7月
日本MRS創立10周年記念学術シンポジウム(於 石垣記念ホール)
2003年10月
IUMRS - ICAM2003 開催(於 横浜)
2009年12月
IUMRS - ICA2009 開催(於 名古屋)
2009年12月
日本MRS創立20周年記念シンポジウム(於 横浜)
2012年9月
IUMRS - ICEM2012 開催(於 横浜)
2013年4月
一般社団法人日本MRSに改称
2014年8月
IUMRS - ICA2014 開催(於 福岡)
(注)
International Union of Materials ResearchSocieties
(IUMRS 1990年11月創設)の参加メンバー(10)
MRS(USA), Australian MRS, Chinese MRS, European MRS, MRS of India、MRS of Japan,
MRS of Korea, Mexican MRS, MRS of Taiwan,MRS of Russia,MRS of Argentina